ad sense head

2014年12月23日火曜日

食事マナーについて(カマヤンスタイル)-Day3.5-

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ


レストラン以外すべてカマヤンスタイルで通した私。これはフィリピンの食事スタイルになります。
カマヤンスタイルとは右手を使って食べる食事スタイルです。写真のようなイメージで食べます

「どこで学んだの?」

家族からの質問。

「ネパールに行った2009年に学んだ」

と答えました。

カマヤンスタイルですが、おもな作法は
  • 右手を使って食べる。なお指でスプーンを使うイメージで食べ、手を汚さないように食べるのがよりいい。
  • 大皿に持ってあるご飯、おかずは大きなスプーン等で自分の皿に取り分ける。
  • スープはご飯にかけるスタイル。
  • 食べ終わった際、手にご飯やおかずがくっついている場合があるが、それをなめる行為は行儀が悪い。
  • 魚の骨などはテーブルにこぼしても問題ない。
  • 大皿に持ってある食事は残った場合、再度なべ等に戻し別の食事として食べるので手を使って取り分けないこと。
等があげられます。なお、ネパールの「ダルバード」は手で食べたほうが圧倒的においしいのだがフィリピン料理に関してはスプーン&フォークの組み合わせと味は大して変わらないです。

庶民的なレストランでも外で食べる場合はスプーン&フォークの組み合わせ。カマヤンスタイルは自宅で食べるときに使う感覚です。

なお、完食はマナー違反ではない。残してもいいとのこと。ただし、おなかがいっぱいになった際は注意することがあります。それは、フォークとスプーンの位置。


食べ終わって、「もう食べない」という意思を表示するには上画像のように、スプーンとフォークを重ねる、または並べて皿においておく必要があります。

以下は、まだ食事中です。もっと食べられます。といった意味になります。

特に女性は男性が食べ終わるまで席を立たない傾向が強いので、 もう食べないのであればきちんとスプーンとフォークを並べましょう。
※彼女によくスプーンとフォークの位置を正されました(苦笑)

ネパールと違い、食堂に手洗い場があるわけではないので、外ではスプーン&フォークで食べましょう。

※麺類や汁物を啜るのはいい態度ではありません。注意してください。

P.S.よく混ぜておいしいのはハロハロです。
安定したおいしさは中華ファストフード店「Chowking」のハロハロです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

0 件のコメント :

コメントを投稿