ad sense head

2015年1月31日土曜日

確実に成長する彼女~喧嘩を避ける技を覚えたっ!~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ


12月下旬から1月上旬にかけては喧嘩が正直多かったですが、最近喧嘩が落ち着いてきました。

その理由は2点ほどあります。まずは、彼女が思いこみで怒らなくなったため。私のチャットの方法も悪いのですが、以前は文章全体の一部分しか読まずにそれを悪いように誤解して、怒り出すといったことがありました。これに関しては最近、文章全体を見てから回答するということを最近心がけてくれているそうです。

次は、文化の違いによる戸惑い。これは私にも当てはまることなのですが、あちらでは失礼に当たらないことが日本では失礼だったり、その逆もあったりでお互いにイラつくことがありますが、これに関して、以前は私が謝っても怒りっぱなしでしたが、最近はヒートアップする前に


「このままだと喧嘩しそうになるから、やめて」

「○○、わかった。私が悪かった。」

といった感じで、喧嘩を回避するようになっていきました。おかげさまで、最近は喧嘩なし。

これも私の影響でしょうか。わかりませんが、うれしい成長です。

話ついでですが、私は付き合っている当初から心がけていることがあります。それは、「ありがとう。(Thank you)」をいうことです。

日本人であれば、礼節をお持ちの方が多いですが、彼女含めフィリピン人は礼節がなっていない人が多いと感じます。

特に私が気になるのは「謝らないこと」と「ありがとう」を言わないこと。

彼女の場合、「謝らないこと」に関しては意図してというより頑固であるといった傾向で、本当に悪いと思ったときは素直に謝るのであまり気にならないのですが、感謝の気持ちを伝えることはまだまだ、多くありません。

「ありがとう」と言われて、気分が悪くなる人はほとんどいないと考えている私にとっては、些細なことでも「ありがとう」という言葉を言える彼女になってほしいなとひそかにたくらみ、少しでもいいことがあると「ありがとう」というようにして、彼女に私の思いを伝えようとしております。

果たして彼女は、些細なことでも「ありがとう」をいえる人となれるのか。なれることを期待していきたいと思います。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

2 件のコメント :

  1. 私たちも遠距離恋愛で、喧嘩は絶えません。callならまだよいのですが、英語のmailでは、日本語独特の言い回しが通じないため、誤解も多く・・・
    最近は、mailはsimpleな英語で、ちょっと込み入った内容の話は、必ずcall しています。それでも、大変。

    返信削除
    返信
    1. チャットで喧嘩になったら大変ですよね。私も必ず電話してます。私自身、言葉のニュアンスまで伝えられるほどの語彙を持っていないのでなおさらです。
      日本語独特の言い回しが通じなく、誤解となるのもよくわかります。
      私の彼女の場合は、「Wala」といって諦める癖があるので、それはやめてほしいと毎度喧嘩になる際はお願いしてます(苦笑)

      削除